トイデジレビューブログ

変デジ研究所(過去ログ)

iVIS mini

iVIS mini タイムラプス(静止画)を試してみました。

投稿日:2013年10月12日 更新日:

もうiVIS miniなしの生活なんて考えられない!ってくらい愛用しているiVIS miniですが、まだまだ紹介していない機能があります。少し前に紹介したのがiVIS miniのインターバル記録を使ってみました。 って記事に書いた「インターバル記録」ですが、これは細切れの動画を繋げる雰囲気でしたよね。え!まだ見てない!?まずはこちらをご覧ください。

iVIS mini:インターバル記録モード(動画)


こちらのインターバル記録モードは動画です。これは撮影が終わると「結合しますか?」と聞かれます。ここで「はい」を選択するとiVIS mini内で1つのファイルとして保存されます。ですからMacに読み込んで動画をアップする場合も簡単なんです。しかし・・・

iVIS mini:インターバル記録モード(静止画)の場合は結合されません

間隔をあけて撮るインターバル記録モードの静止画は、、、結合されず、、、たとえば今回は10秒間隔で合計284枚の写真を撮りましたが、iVIS mini内に284枚の写真として保存されます。動画として保存されたら便利だったのに…とはいえ巷で流行のGoProなども付属のソフトを使ってタイムラプス動画を作るみたいなのでコレが一般的なのかも。iPhoneのアプリが便利すぎるって事なのかな?
それでは今回インターバル記録モードで撮った写真をiMovieを使って繋げた動画をご覧ください。


10秒間隔で撮った写真合計284枚の写真を0.1秒間隔で繋げました。魚眼レンズの雰囲気と雲の流れは面白いタイムラプスになったと思いますが、0.1秒間隔だと滑らかさはありませんね。もっと超時間撮影して間隔も短くした方がよさそうですね。
次回はGoPro StudioというGoProユーザー向けのソフトウェアを使ってみたいと思います。これは「他社製のカメラで撮影された一般的なh.264コーデックのmp4/movファイルに対応」と書いてありましたので、iVIS miniでも使えるはずです。静止画ならさらに問題無い!はず、、、です(笑)はい!それじゃ!また!

広告

広告

-iVIS mini
-, , ,

Copyright© 変デジ研究所(過去ログ) , 2017 AllRights Reserved.